SF-6D日本語版

SF-6DはSF-36を用いた効用値の推定法です。
京都大学大学院医学研究科の福原俊一教授らは、英国のBrazier教授と協同で、日本人における効用値を測定、推定する研究を実施しました。
日本国民を代表するようにサンプリングされた600名を対象として、自分の仮想健康状態の価値づけ(効用値)をスタンダードギャンブル法、SF-36、および英国のBrazier教授が考案したSF-6Dを用いて測定を行いました。(出典:Brazier J, Fukuhara S, Roberts J, Yamamoto Y, Ikeda S, Doherty J, Kurokawa K. Estimating a preference-based index from the Japanese SF-36. Journal of Clinical Epidemiology 2009;62(12):1323-31.)
このことにより、日本で広く用いられているSF-36から効用値を推定することが可能になりました。

日本語版版権者

  • Brazier J, Fukuhara S.

開発論文

  • Brazier J, Fukuhara S, Roberts J, Yamamoto Y, Ikeda S, Doherty J, Kurokawa K. Estimating a preference-based index from the Japanese SF-36. Journal of Clinical Epidemiology 2009;62(12):1323-31.

ご利用方法

当社にて効用値のスコアリングを受託しております。
SF-36v2の調査データをお送りいただき、当社にてスコアリングした結果をお返しいたします。

スコアリング申込の流れ


1.スコアリング委託申請

スコアリング委託申請書」を下記よりダウンロードしていただき、申請書に記載されているE-mailアドレスまでお送りください。
※お見積りのみの場合もこちらからお手続きください。
※添付ファイルが受け取り可能なメールアドレスでお手続きください。

   

2. スコアリング料のご確認

お見積りと今後のお手続きについてE-mailでお知らせいたします(ご申請より7~10日後)
見積り金額に承諾する場合はメールで返信してください。
※15日以内にお返事がない場合は自動的にキャンセルとなります。
※お返事に15日以上かかる場合は、事前にご連絡いただきましたら期間を延長いたします。
   

3.契約のお手続き

「委託に関する確認書」と「データ入力シート」をE-mailでお送りいたします。
※「委託に関する確認書」は郵送にてご提出ください。
※「データ入力シート」はSF-36の調査データを入力していただき、E-mailでお送りください。
   

4.使用料のお支払い

お知らせした口座へお振込にてご入金ください。
※ご請求書等が必要な場合は下記の「お支払方法について」をご参照ください。
   

5.スコアリング結果の納品

「SF-6Dスコアリング依頼に関する確認書」、「データ入力シート」、ご入金の確認後、 10日以内にE-mailに添付してお届けいたします。
※「データ入力シート」受領よりスコアリングに10日間かかります

お支払方法について

通常のお手続き

納品前に指定口座へご入金ください。
口座情報はご契約書類をお送りする際にお知らせいたします。

ご請求書等はご希望があった場合のみ発行いたします。ご希望の際はお見積り金額ご承諾の際に、下記についてお知らせください。

  • 必要な書類(請求書、見積書等)
  • ご請求書類に記載いたします「宛名」(送付先ではございません)

納品後のお支払いをご希望の場合(法人様でお支払いの場合にのみ承ります)

公費、研究費等でのお支払いのために、後払いでのお支払い、ご請求書類の発行が必要な場合は、お見積り金額ご承諾の際に、下記についてお知らせください。

  • 必要な書類(請求書、見積書等)
  • ご請求書類に記載いたします「宛名」(送付先ではございません)