QOL尺度を使用する上で注意すること

実施場所

病院や診療所を訪れた患者さんに回答してもらう場合が多いのですが、家庭内、電話利用、郵便による送受信、面接など、さまざまな環境においても実施することが可能です(面接versionが別途用意されているものもあります)。 また、その他の面接・調査票・データ収集などの一部として実施することも可能です。

尺度の文章表現について

対象患者に合わせて文章表現を変更することは、一切認められていません。文面を変更することにより、尺度の標準性が保たれなくなるためです。
DLQI日本語版、Skindex29日本語版は、測定したい疾患に合わせて「皮膚の状態のせいで」の部分を「○○のせいで」(例:「にきびのせいで」、「アトピー性皮膚炎のせいで」、など)と置き換えることが認められています。この部分以外の文言の変更は認められていません。

尺度のレイアウト、書式について

レイアウトを変更することにより、オリジナルのレイアウトとどの程度結果に差が出るかは検証されていません。可能な限り、オリジナルのレイアウトを使用することをお薦めします。

複数尺度の使用について

SF-36v2®、SF-8™の包括的尺度と、その他の尺度を組み合わせて使用する場合は、SF-36v2またはSF-8を最初に置くのがベストです。
質問の順番は回答に影響する可能性があります。異なる尺度の間には、明確な「間(スペース)」を入れると、異なる内容を聞こうとしていることを回答者に知らせることができます。異なる尺度を入れた場合でも、一つの調査票の中では一貫して、フォントやフォーマット、回答選択肢の表示の仕方を同じにした方が、回答者の間違いを減らすことができます。

調査担当者のためのガイドライン

DO(すべきこと) Don’t(してはいけないこと)
他の尺度へ記入する前、または、医師の診察前に記入してもらう。 尺度の記入前に、回答者の健康・検診データ・精神状態についての質問をしてはいけない。
やさしく、親しみやすく、いつでも手助けができるようにする。 回答を強要したり、命令したりしてはいけない。
尺度の記入を丁寧にお願いする。 記入もれがある場合、もれなく記入してもらえるよう促さずに受け取ってはいけない。
(面接の場合)質問を一字一句その通りに読み上げ、必要であれば繰り返す。 設問の解釈や説明をしてはいけない。
設問には、回答者が解釈したことに基づいて答えてもらう。 特定の設問に答えることを強要してはいけない。
回答者自身に記入してもらう。 回答者の配偶者や家族が記入してはいけない。
全ての設問に答えてもらえるよう促す。 尺度の重要性を軽んじる発言をしてはいけない。
協力してもらったことに感謝の意を表す。  
次回以降の来院時に再度回答を依頼する場合があることを知らせる。