EPIC (Expanded Prostate Cancer Index Composite)

EPICは、限局性前立腺癌の患者さんの健康関連QOLを測定する、50項目からなる尺度です。2000年にWei JTらによって作成されました。 前立腺癌の患者さんのQOLを測定する尺度としては、既にUCLA PCI (UCLA Prostate Cancer Index)が広く使用されていますが、EPICはこのUCLA PCIの問題点を解決するように開発されました。
EPICはUCLA PCIと比較して、刺激性や閉塞性の排尿症状を評価できること、ホルモン療法の効果とそれによる負担感を測定できることが特徴です。 EPICオリジナル版(英語版)では、包括的健康関連QOLを併用することが推奨されており、SF-12が用いられています。

日本語版版権者

  • University of Michigan, Kakehi Y, Takegami M, Fukuhara S, The Japanese Urology Assoshiation.

開発論文

尺度使用登録申請 →  
EPICを使用して調査を行う場合は、使用登録申請が必要です。スコアリング・プログラムは別売りです。  

スコアリング・プログラム →  
Microsoft Excelのファイルです。EPIC調査票を使って得られた得点を、標準化されたスコアリングアルゴリズムを用いて計算することができます。  

質問紙サンプル

EPICの構成

EPICは、「排尿」「排便」「性」「ホルモン」の4つの領域(ドメイン)で構成されています。各々のドメインはさらに「機能」と「負担感」の下位尺度で構成され、4つのドメイン総合得点、および各々の下位尺度である機能、負担感を得点化することができます。 さらに、排尿ドメインは機能と負担感を総合して、尿失禁と排尿刺激・下部尿路閉塞の2つの症状を得点化することができます。

EPICの下位尺度と項目数

下位尺度名 英語名 項目数
排尿(総合) Urinary (Summary score)
下位尺度 排尿機能
排尿負担感
尿失禁※
排尿刺激・下部尿路閉塞
Subscales Urinary Function
Urinary Bother
Urinary Incontinence
Urinary Irritative/Obstructive
5
7
4
7
排便(総合) Bowel (Summary score)
下位尺度 排便機能
排便負担感
Subscales Bowel Function
Bowel Bother
7
7
性(総合) Sexual (Summary score)
下位尺度 性機能
性負担感
Subscales Sexual Function
Sexual Bother
9
4
ホルモン(総合) Hormonal (Summary score)
下位尺度 ホルモン機能
ホルモン負担感
Subscales Hormonal Function
Hormonal Bother
5
6
項目数計   50